携帯・デジカメ

Siriと相撲(-_- )ウンウン

天気やスポーツ結果はSiriで確認した方が手っ取り早い。

スポーツでSiriが対応しているのは主に米国や欧州で人気のあるスポーツだと思われる。大相撲については対応していないようである。日本では国技として根強い人気があるのでSiriに対応してもらいたいところである(-_- )シミジミ

オーソドックスなものは、幕内力士の勝敗である。幕内の勝敗一覧が出てくれれば有り難い。例えば「今日の白鳳の取組を教えて」で相手方と勝敗と決まり手が出てくれば言うことはない。

Siriが対応しているのは団体競技であり個人競技は対応していなかったのかもしれない。野球、サッカー等はチームがほぼ決まっているけど、相撲だと力士の面々が場所毎に違っている。

相撲対応については日本人のチームで何とかして欲しい(-_- )シミジミ

人気のスポーツは国によって異なる。国ごとに人気のあるスポーツをSiriに対応できればいいね。

| | コメント (0)

ドコモスピードテスト(-_- )ウンウン

僕の携帯電話は成り行き上ソフトバンクなんだけど、データ通信についてはドコモである。

なぜデータ通信がドコモになったかというと、データ通信機能を持ったVAIOを購入したんだけど通信事業者がドコモだったという話である(-_- )ウンウン

そのVAIOが津波による破損で機種がWi-Fiルーターを経て今はiPadで使用している。テザリングは殆ど使用していない。

ドコモユーザーサービスに関するHPで見かけたのが「ドコモスピードテスト」という代物である。

ドコモ回線に限らずWi-Fiでのデータ速度計測や、ドコモショップやドコモWi-Fiエリア等の表示ができるという。ドコモユーザーならDLして損はないと思うけどね。

| | コメント (0)

職場内における携帯電話回線の電界強度(-_- )ウンウン

今の職場は繁華街あたりに位置するんだけど電界強度が良くない。

建物が鉄筋コンクリートだと思われるため電界強度は良くないのかなぁと思われる。ドコモだと3G回線なら問題ないけど、4Gと言ったLTE回線だとキツいかなぁと言う感じ。

そこら辺は直接通信事業者に言う前に庁舎管理部門に言わなければならないのは容易に想像つく。それは職場を巻き込む話なので声を出しづらいところがある(^_^;)

普通に通話したりメールを使う上では問題ないからね。例えば職場でTwitterとかLINEみたいなSNSとかメッセージソフトを用いるのであれば話が出てきそうな気がするけどね。

仕事の上では特に問題ないけど、携帯電話機のアンテナ表示が良くないと気になってしまう。ただそれだけの話だけどね(^_^;)

| | コメント (0)

Hey Siri!(-_- )ウンウン

このブログでもSiriについての投稿があるけど、SiriとはiOS標準装備の機能であり、言葉でiOSやアプリを操作することができる優れものである。

アップルストアに行くと店員がSiriを扱っている姿をかなり見かける(-_- )ウンウン

iOSに限らず、macOS SierraでもSiriが使えるようになった。

その中で「Hey Siri」が便利だったりする。Siriを操作するにはホームボタンを長押しする必要があるが、iOSのデバイスに「Hey Siri」と声をかけるとSiriが起動して、そのままオーダーすれば良い。

Hey Siriを操作するにはデバイスに電源アダプターを接続していることが条件となる。ただし、iPhone 7やiPhone 7 Plusの場合は電源アダプターを接続しなくても操作できる。

あと、あらかじめ音声登録する必要がある。持ち主以外の人に使われたら大変だからね(^_^;)

そこで気になったんだけど、macOS SierraにはHey Siriの機能はない。これは有った方が便利だと思うんだけど、macOSでは未だ開発途上なのか、それとも意図的に外しているのかは謎である(-_- )シミジミ

僕個人としては使いこなせてはおらず、今のところ天気やプロ野球の結果を聞いたりしている。いちいちブラウザで調べるよりは楽だからね(^_^;)

| | コメント (0)

携帯電話機紛失する(-_- )ウンウン

今日は夜勤明けでお昼まで仕事である。

仕事が終わって、近くのイタリア料理店で昼食を食べて、コンビニ寄ってから電車で帰宅する。4時近くになって父ちゃんのお見舞いに行こうとして携帯電話を探したところないことに気が付く。

固定電話で呼び出しても着信音が鳴らなかったので紛失と判断し、近くのソフトバンクストアへ行く。そこで連絡先を教わる(-_- )ウンウン

電話の前に職場まで戻って足取りを確認するために仙台駅近辺まで戻る。まず、イタリア料理店へ寄るつもりだったけど閉店時間中で開店まで時間が未だあるので職場へ向かうことにした。

その時、イタリア料理店の店員に呼び止められ携帯電話機を見せられた。これこそ僕の携帯電話である。店員にお礼を言って携帯電話を受け取る。

その後、東一番町近辺まで行って帰った。自宅に着いた時刻はお見舞いの時刻を過ぎていた。

父ちゃんに悪いことしたなぁと反省する(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

iOS 10.3.1(-_- )ウンウン

iPadの設定アイコンに数字が出ていたので確認したところ、iOS 10.3.1へのアップデートのアラートだった。単なるバグフィックスだと思われる。

それと同時にiPod touchのiOSアップデートも実施した。macOSのアップデートは無かったようである(-_- )ウンウン

Windowsとは異なりmacOS、iOSのアップデートは忘れた頃にやって来るので日頃の確認が必要である。

| | コメント (0)

衛星携帯電話(-_- )ウンウン

携帯電話というものは携帯電話同士で回線が繋がっているわけではなく、必ず基地局、通信事業者の交換機を経由して相手方の携帯電話に繋がって通話ができる。

なので、携帯電話通信事業者としては網の目状に基地局を設置して不感地帯を解消するよう努力しているわけである。ただ、山岳地帯とか過疎地みたいに人が余り住んでいない場所だと基地局は余り存在しない。

それと自然災害等による停電による基地局の機能停止、基地局そのものが被災したりすると、機能停止に陥った基地局近辺では携帯電話は使えない。

衛星携帯電話だと文字どおり衛星を介して通話できるので、基地局が存在しない場所や災害時には重宝する代物である。

ただ、非常用としての使い道なので衛星携帯電話に加入できるのは官公庁・事業者あたりのみと思われる。通常レベル使われる代物ではないようだ(-_- )シミジミ

それと現在の携帯電話はスマートフォンが主流となり、通話のみでなくネットによる通信も使われるようになった。衛星通信にIP網を介するのは、衛星通信の特性を考えると困難なような気がする。

衛星携帯電話がスマートフォンみたいになれば面白いと思うけどね。これもあくまでも非常用としての使い道になると思われる(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

スマホでポケモン(-_- )ウンウン

ポケモンGOの話ではなく、スマホアプリでポケモン赤・緑とかX・Yあたりはできないかなぁという話である。

携帯型ゲーム機もスマホのアプリに置き換わりつつある昨今、今までゲーム機用として出てきたコンテンツがアプリとして復活している。

となると、ゲームボーイ等でリリースされた歴代のポケモンもスマホで遊べたらいいかなぁと思ったりしている。仮に任天堂やゲームフリーク等がスマホアプリを開発するとして、一番のネックは通信交換であると思う。

ゲーム機だったらコンテンツによりゲームボーイとかGBC、GBA等ゲーム機は単一である。スマホアプリだとiOSとかAndroidがあり、他にもスマホのOSがあるので、OS間を超えた通信交換を考慮する必要性が出てくる。

それを考えるとポケモンは何故任天堂のゲーム機に限定したのが理由が分かったような気がしてきた(-_- )シミジミ

ポケモンGOの場合はポケモンそれぞれ用のアメがあって、一定数のアメを集めると進化できるようにしている。ゲーム機でのポケモンの進化方法をそのまま採用すると、ゲームとして収集がつかなくなってしまうからだと思う。通信交換しないと進化できないポケモンも存在するからね。

版権とかも問題もあるし実現は困難だとは分かってはいるけど、実現できたらいいなぁと思ってしまうのは僕だけかもしれない(^_^;)

| | コメント (0)

3Dスマホ(-_- )ウンウン

携帯用ゲーム機だとニンテンドー3DSとかプレステーション VITAあたりを思い出すけど、3Dでみられる3DSはやはり魅力的である(-_- )ウンウン

そこで思ったんだけど、スマートフォンの3D画面は実用化なるか否かである。電話とかメールとかは余り利用価値はないけど、ゲームなら有りではないかと思う。

写真とか動画の3Dも有りかもしれないけど、実際に使うかどうかは疑問である。それと3Dによる利用者の目の負担も考えなければならない。

画面の3D化ならパソコンが早いかもしれない。一番奇抜なことをやらかしそうなのはアップルだと思うので、林檎教徒の僕としては期待しようかなぁと思ったりする(^_^;)

| | コメント (0)

将来の無線機による通信(-_- )ウンウン

現在のところ船舶・航空機はもとより色々な業種で無線機による通信が主流である。

最近ではスマートフォンの普及が進み、ガラケーを持っている人の方がマイノリティとなっている。そのスマホのアプリにはメッセージアプリがあり、一斉通話とかチャットが可能となってきている。

通常電話機というものは1対1による通話であるが、一斉通話ができるアプリが普及すると無線機のあり方が変わってくるのではないかと推測される。

例えばタクシー会社とか警察・消防みたいに通信の相手方が決められている場合だと、一斉通話できるアプリをインストールしたスマホで代用が可能になると思う。

組織全体に限らず、特定の組織とかグループで通話できるように設定して通話するようにすることも可能になる。独自の通信網を持っている組織だったら、携帯電話会社に頼る必要もないかもしれない。独自の通信網と携帯電話会社を併用する方法もあるね。VPNの技術を使えばいいわけだし(-_- )ウンウン

となると、無線機による通信は非常用に使われるのみになるかもしれないね。僕のイメージではあくまでも陸上での話であり、船舶・航空機となると範囲が文字どおりグローバルとなるので想像しきれない(^_^;)

スマホの技術が、業務用無線にも及んでくるかもしれない(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧