ファッション・アクセサリ

Tシャツの文字(-_- )ウンウン

帰宅途中、駅と自宅のほぼ中間地点でTシャツを着ている青年と通り過ぎたんだけど、Tシャツに書かれている文字を見てドン引きしてしまった(-_- )シミジミ

2行の文字で1行目が「Shit」と書かれていて、2行目は忘れた。「shit」という言葉は基本的には、大便とかクソのこと、動詞として「うんこをする」という意味にもなる。俗語として「くそっ」という意味とか、「くだらない」とか「つまらない」とかと言う意味もある。どちらにせよTシャツに相応しい文字とは言えないだろう。

日本語は漢字圏の文字なので、中国語は分からなくても漢字で大体の意味はつかめる。尤も中華人民共和国で使われている漢字は簡体文字なので単なる記号と化しているけどね(-_- )ウンウン

それ以外の文字だと何が何だか分からないものである。書かれている文字の意味を知らないでTシャツを着るのは考えものである。日本にいるのならいいけど、海外に出てその文字を母国語にしている国に行った際に現地の人とトラブルに巻き込まれる虞があるので注意が必要だ。

余談だが、ラノベでアニメ化にもなった「僕は友達が少ない」を捩った「僕は所持金が少ない」とか「僕には未来がない」と書かれたTシャツを購入した。職場で着たら拙いかなぁ?

少なくとも「僕は頭髪が少ない」よりはずっとマシだと思うけどね(^_^;)

| | コメント (0)

昨日は衣替え(-_- )ウンウン

6月1日は冬服から夏服への衣替えである。

とは言うものの、クールビズの前倒しに伴う衣替えが5月1日に始まったので何をいまさらという感は否めないが、学生、警察官とか鉄道会社の乗務員等が夏服に替わるので本格的に夏になると言う意味だと思う。

クールビズで一番嬉しいのがノーネクタイである。これはこのブログでも何度も言っているけど、首が締め付けられる感触が嫌いなのである。ネクタイは日本の風土に合わないから無くして欲しいと切に願う次第である(-_- )シミジミ

それでもクールビズと言っても身だしなみは大事である。他人に見苦しいと感じさせることがないように気をつけよう(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

男子:ブレザー 女子:セーラー服(-_- )ウンウン

学校の制服は男子が学生服で女史がセーラー服というパターンだったけど、徐々にブレザーに替わってきている。じゃなかったら私服化もあるね(-_- )ウンウン

僕が通っていた中学校でも男子が学生服、女子がブレザーだったけど、今は男女ともにブレザーとなっている。

男女共学の場合、
・男子が学生服、女子がセーラー服
・男子が学生服、女子がブレザー
・男女ともブレザー
と言うパターンがよく見かけるけど、

・男子がブレザー、女子がセーラー服
というのは聞いたことがない。
野球で言うと左投げ右打ちの選手は余りいないような(-_- )ウンウン

何故それが気になったかというと、涼宮ハルヒシリーズの北高の制服が男子がブレザー、女子がセーラー服であること。最初は違和感が無かったけど、よく考えると違和感を覚えるようになったのである。

ブレザー化が進んだのは学生服、セーラー服が軍服からきたこと、特に学生服は蛮カラとか不良のイメージが大きいからではないかと思っている。セーラー服も大した違いはないけど、ポルノとかAVのイメージがあるよな(-_- )ウンウン

よく考えると男子が学生服、女子がブレザーというのも違和感はあるなぁ(^_^;)
仙台の中学校は男子が学生服、女子がブレザー服が殆どだったからね。
さらに言うと仙台の高校で制服がセーラー服は僕が知っている限りでは2校しかない。

男子がブレザー、女子がセーラー服の学校だと考えられるのは、元々女子校で制服はセーラー服、最近になって男女共学になったけどイメージ等を考慮して男子はブレザー、女子もブレザーにすると2年、3年は買い直さなければならないので混乱を防ぐためそのままセーラー服にしたというパターンかな。

僕個人としてはネクタイが嫌いなので学生服がいいね。もっともネクタイ着用する必要性がないのならブレザーでもいいけどね(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

諸葛亮の甲冑姿(-_- )ウンウン

戦場における諸葛亮は羽扇を持ち四輪車に乗ったイメージてあり甲冑は着ていない。
と言うか、諸葛亮に甲冑姿はイメージに合わないよね(^_^;)

諸葛亮の身長は8尺、後漢の1尺は23cmだから184cm。
現代の男性でも大男、デューク東郷の182cmよりも高いのである(-_- )ウンウン
身長からすると甲冑は似合うと思うんだけどね(^_^;)

巷に知られている戦場における諸葛亮の姿は五丈原の戦いでのイメージだと思う。
その時は体力が衰弱しており甲冑を着て馬に乗ることは出来なかったと推測できる(-_- )ウンウン

南征した時は未だ元気だったから甲冑姿だったんじゃないかと思うなぁ(^_^;)

演義の世界では諸葛亮が様々な天才的な計略を用いて敵を翻弄するわけだから、甲冑姿よりも無防備な軽装で羽扇で指令を出す方が様になるよね(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

ときメモ2のハッピ(-_- )ウンウン

引っ越しの際に荷造りをしている時、懐かしいものを見つけた(-_- )ウンウン

これがタイトルのとおりである(^_^;)
赤い「陽ノ下光」バージョンのハッピ(法被)。

「こなみるく」というコナミ関連のグッズを扱っている店で買ったものであるが、着るとなるとちと恥ずかしいなぁと思い、ビニールに入ったままである(^_^;)

コナミ関連のイベントに参加したりとか、どさくさに紛れてプロ野球観戦に着て行くというのもありかなぁと思っているところである(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)