パソコン・インターネット

Swift Playgrounds(-_- )ウンウン

App Storeのトップページに「Swift Playgrounds」を見かけた。

iPadでSwiftというプログラムを学べるアプリである。説明に基づいてプログラムを組んでキャラクターを動かして、様々なステージをクリアしていく。ゲーム感覚でプログラムを覚えることができる。

SwiftとはAppleのiOS、macOS用のプログラミング言語である。

Swift Playgroundsを起動させると、App Storeを起動させたときと似たような画面が出てくる。「コードを学ぼう」の3つと、9つのチャレンジがある。

基本中の基本が「コードを学ぼう1 Swiftの基本」である。プログラミングすることにより、バイトというキャラクターを目的どおり動かすのが目的である。

プログラミングと言うと、アセンブラ、FORTRAN、COBOL等みたいにソースコードを組んで、コンパイルして動作させるという感覚であり、オブジェクト形式は初めてである。

今のところ、Swiftの基本では未だ半分くらいであるけど何とか習得したいね(-_- )シミジミ

「Swift Playgrounds」はプログラミング知識のない、12歳から112歳まで、これからプログラミングを始めるにはふさわしいソフトというのがウリらしい(-_- )ウンウン

とりあえず、リンクを貼っておこう。

| | コメント (0)

【iOS App】Apple サポート(-_- )ウンウン

ふとApp StoreでApple製のアプリを検索したところ、「Apple サポート」なるアプリが出てきた。

起動させると自分のApple IDで登録したデバイスが表示される。デバイスをタップすると、いくつかの項目が出てきて、またタップすると解決手段とかAppleサポートへの連絡手段が出てくる。

今のところ、不具合が生じていないのでAppleサポートにはコンタクトしていない。今まではAppleのHPから連絡手段を探して電話したりしたけど、アプリでコンタクトできるのは便利だと思う。

ただ、レビューでアップルストアに予約したところ、予約されていない等の不具合があるらしいけどAppleで不具合を解消してもらえば済む問題である(-_- )ウンウン

僕が思うに、このようなアプリはプリインストールしてもらいたいところである。

| | コメント (0)

一太郎2017バージョンアップ通知(-_- )ウンウン

先日、ジャストシステム社から一太郎2017バージョンアップの郵便物が届いた。

一太郎のバージョンアップは例年2月上旬なので、もうこんな時期なんだなぁと月日の早さに今さらながらに驚いている。今年もいつものごとくバージョンアップ版を購入する予定である。

よく考えてみると、VAIOを購入して今年で4年経つことになる。購入を考えなければならないけど、Mac miniの分割払いが今年の5月までなので、それ以降となるだろう(-_- )ウンウン

職場での文書作成は主に一太郎を利用しているので、Windowsパソコンには一太郎が不可欠である。MacにはPageというソフトがプリインストールされているので、それで十分だけどね。

| | コメント (0)

iCloudミュージックライブラリ(-_- )ウンウン

年末にiPod touchを購入して色々節制していたんだけど、iCloudミュージックライブラリで引っ掛かっていた。

「設定」を起動させてミュージック欄を選択してiCloudミュージックライブラリをONにすると、「iTunes Matchはこのデバイスのミュージックライブラリに置き換わります。」と表示されて、選択肢が「削除して置き換える」と「キャンセル」だった。

表示された文のとおりに解釈すると、iCloudにあるミュージックライブラリがiPod touchのミュージックライブラリに置き換わってしまうとなってしまう。これだと一万曲以上登録されたライブラリが焼失してしまいかねないと思い、思いとどまっていた。

アップルサポートに確認したところ、iCloudに登録されたライブラリが消失することはないようである。

そこに至るまでにMacのデスクトップをサポート側にリモートで見せたりとか色々経験させてもらった。Macで不具合があったときはリモートでサポート側に確認してもらえば一目瞭然である。

ネットで確認した際は問題ないらしいと情報は得ていたけど自己責任の範疇である。餅は餅屋と言うことで専門家に確認した方が無難である(-_- )シミジミ

iPod touchを購入したのはあくまでも音楽をたしなむためであり、アプリはiPadで対応する。画面が小さいので見づらいのは仕方がない。

| | コメント (0)

【Apple】タイムカプセルのアラート(-_- )ウンウン

家に帰ってきて自室に入ったところ、オレンジ色のランプが点滅しているのを確認した。

よく見るとタイムカプセルのランプで通常は緑色が点灯しているが、オレンジ色のランプが点滅していた。Wi-Fi通信は異常なし、タイムカプセルから有線接続しているMac miniもネット接続に異常はなかった(-_- )ウンウン

ネットで確認したところ、ファームウェアアップデートのアラートらしい。AirMacユーティリティで確認するとファームウェアアップデートのメッセージが出ていたので、更新ボタンを押してアップデートした。

アップデート後再起動して元の緑のランプに戻った。

ファームウェアアップデートは初めてだったので面食らったけど、ネットで確認したので無闇に電源を切ることをしなくて済んだ。ソフトウェアアップデートの際はこんなことはなかったと思ったけど。

これも1つの経験だね(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

インターネット環境の不具合 Vol.4(-_- )ウンウン

18日夜にルーターが届いたので、取説に基づき取替を実施した。

その後、macOS Sierraのダウンロードを試みたが、前の不具合と全く同じであった。そこでNTTの故障担当に連絡して対応してもらったけど、回線そのものは異常が無いことが確認された。

通常にウェブの閲覧、YouTube等のストリーミング配信による動画視聴は問題ない。

NTTのアドバイスとして、プロバイダの契約の確認である。現在の光電話はギガに契約しているので、プロバイダ契約がギガに対応しているか否かである。

それについてはドコモショップに行って確認してもらった方がいいだろう(-_- )ウンウン

最終手段としてはNTTの技術者に来てもらって不具合の確認を見てもらうことになる。それは料金がかかるけど、回復する見込みがあるのならお金を出すことはやぶさかではない(-_- )シミジミ

と言うことでVol.5に続く。

| | コメント (0)

インターネット環境の不具合 Vol.3(-_- )ウンウン

自宅のインターネット環境の不具合だけど未だ解決していない。

最初から整理すると、
不具合の内容は、通常に使用する上では問題ないが、大容量のデータをダウンロードしようとすると途中で通信がストップしてダウンロードできない。

確認できたことは、
・どのパソコン、OSにも関わらず同様の不具合が発生する。
・以前、MacBook AirをアップルストアでmacOS Sierraへアップグレードは成功した。

と言うことで、パソコンは関係ない。考えられるのはプロバイダとフレッツ光電話のいずれかの問題である。ちなみにプロバイダはドコモのmopera Uである。

まず、ドコモショップへ行って確認する。店頭で調べてもらったところ、プロバイダで通信制限はかけていない回答を得た。念のために電話でドコモインフォメーションを通じて担当へ電話しても回答は同じだったのでプロバイダには問題ないと思われる。

その次にフレッツ光電話の故障担当に電話する。光電話の通信確認をしてもらったけど問題は見当たらなかった。通常のインターネットはできるから当たり前と言えば当たり前である(-_- )ウンウン

次はルーターを交換する事で改善するか否かの確認と言うことで、新しいルーターを配送してもらうことになった。

仮に改善されなくても更に対処法を考えてくれると言うことで心が落ち着いた。何もしないと何も変わらないわけで(-_- )シミジミ

続きは明日以降となる。

| | コメント (0)

macOS Sierra と Time Machine(-_- )ウンウン

MacBook AirをmacOS Sierraにアップグレードしてからの話である。

いつものごとくTime Machineによるバックアップが始まったんだけど、バックアップが暗号化されていない旨のアラートが出たけど、そのまま閉じたんだけどバックアップは進まなかった。

そこでTime Capsuleにアクセスしようとしたけどパスワードをど忘れしてしまったので、思い出すまで保留となった。先日ようやく思い出したので再度挑戦である。

システム環境設定でディスク選択をクリックすると、現在使用しているディスクと新しくバックアップを作成できるディスクが表示される。一覧の下の「バックアップを暗号化」にチェックして現用のディスクを選ぶと、今までのバックアップを削除するか否かの設定が出ていずれかを選んだ後、パスワードの設定がある。

パスワードを忘れると二度と復元できないので注意が必要である。後は普通にバックアップが始まる(-_- )ウンウン

macOS Sierraではバックアップもセキュリティ対策がされていると今さらながらに驚いた次第である。

| | コメント (0)

アップルストアでアップグレード(-_- )ウンウン

自宅でMacBook AirとMac miniがmac OS sierraにアップグレードできなかったことについて、インターネット環境によるものか、Mac本体の問題、それともウイルス対策ソフトによるものか確認しているところであるが、解決に至っていない。

確認した事項は次のとおり、
・macOS sierraをDL中に通信制限がかかったような感じで通信がストップしてエラーが発生。
・VAIOでWindows10にアップグレードするために、同OSをDL中にも通信制限がかかったような感じ通信がストップしてエラーが発生。
・Apple TVで映画を見ようとしてDLしようとすると通信エラーが発生する。
・NTTの通信機器担当へルーターに通信制限がかかる機能があるか否か確認したところ、そのような機能はないと回答された。
・MacBook Airでセーフモードで立ち上げて、macOS sierraへアップグレードしようしたところ、同じようなエラーが発生する。

とりあえずMacBook Airやウイルス対策ソフトに問題ないことを確認するために、アップルストアでやってみようと思い同ストアへ行く。

店員へ自宅でのアップグレードができなかったのでストア内でやっていいか確認をとる。店内の空きスペースでやってもよく、ダメだったら修理対応と言うことで了解を得る。

結果から述べるとMacBook AirでのOSアップグレードは成功した。時間は1時間かかった。ウイルス対策ソフトの影響はなかった。アップグレード後に一旦電源を落とした後、電源を入れて動作することを確認した。

アップグレード終了後、店員に成功した旨伝えて帰宅した。

あとはプロバイダーの問題と思われるので、プロバイダーに確認してみたい(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

インターネット環境の不具合 Vol.2(-_- )ウンウン

インターネット環境の問題なんだけど未だ解決に至っていない。通常使う点では特に問題ないことと、なかなかやる気が起きないこともある(^_^;)

色々考えてみたけど、ルーターが原因とは考えにくい。一旦ルーターにアクセスできるようにリセットして再設定したけど、設定を見る限り通信制限をする項目は存在しない。

とりあえず、NTTの機器担当へ電話して確認したところ、ルーター(PR-400KI)には通信制限の機能は存在しないと回答を得た。後はOSとウイルス対策ソフト等を確認したらどうかとアドバイスを受けた。

Mac miniもMacBook Airもウイルスバスターを導入しているので、ウイルス対策ソフトまでは考えが至らなかった。他人の意見を聞くことは大事である(-_- )シミジミ

出来ることと言えばセーフモードでアップグレードできるか否か確認することである。そこからやる気が起きなくて、ずるずるといったところである(^_^;)

MacBook Airについてはアップルストアに持って行って確認という手もある。これは平日の公休日に行った方が無難だろう。

何とか解決したいけどね(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

より以前の記事一覧