ドラクエ

iOS版ドラクエ4(-_- )ウンウン

ここ最近やってるゲームが、iOS版のドラクエ4である。

僕はファミコンは所持していなかったので、プレステ、ニンテンドーDSに続いて三度目である。4の特徴として、主人公以外のメンバーに関するストーリーが4章まであって、第5章が本題である。プレステ版以降には第6章があり、これが真のエンディングとなる(-_- )ウンウン

プレステ版はドラクエ7をモデルにしたリメイクである。視点を回転することができることと、メンバー同士の会話が出来ることである。

7だとガボに図星を突かれてうろたえるマリベルが面白かったけど、4はマーニャに振り回されるミネアの愚痴が面白い。最近ではクリフト、プライの愚痴も結構面白いと思うようになった(-_- )ウンウン

大まかなストーリーは覚えていても細かい部分は忘れている。ネットで攻略を見ながらゲームしている次第である。

iPadでやってるのでDSよりは大画面で見やすい。一番やってみたいのは7だけどデータが多そうな気がするね(^_^;)

| | コメント (0)

【ドラクエ7】げんき玉(-_- )ウンウン

げんき玉は3DS版で登場したアイテムである。

移民の町にある福引きで二等の景品。
効果は使用して30分間、戦って勝利した際に得る経験値とゴールドが1.5倍になる。

福引きの一等は超げんき玉が景品である。
効果は使用して30分間、戦って勝利した際に得る経験値、ゴールドと熟練度が2倍になる。

なので、ゴールデンスライム、プラチナキングが存在するダンジョンで用いるのがお薦めである。

一番いいのは、上級モンスター職に就いている状態で超げんき玉を使用することだろう。多くは250〜310位なので半分の戦闘回数でマスターできるのは魅力的だ(-_- )シミジミ

僕がそれに気づいたのは殆どのキャラクターがLv99になり、職業も主人公とガボが全職業マスターとなってからである(^_^;)

| | コメント (0)

【ドラクエ7】石版(-_- )ウンウン

石版の入手はPS版と3DS版とで多少の変化がある。

人から手渡しによる入手、モンスターを倒して入手するのは変わらない。
フィールドで入手する場合、PS版では宝箱に入っているが、3DS版では石版がむき出しの状態となっている。

考えられる最大の理由はプレーヤーによる見落とし防止だと思われる。
3DS版は下の画面でマップ表示になっていて、石版レーダーもある。

それにより見落とし防止にはなるけど、宝箱の中よりはむき出しの方がわかりやすいだろう(-_- )ウンウン

あと僕の憶測だけど、民家や教会等の施設の中に宝箱があって、それを勝手に開けるのは窃盗になるのでそれを憚って開けたくない人の配慮なのかなぁと思った。

でも、宝箱に入っていようがむき出し状態であろうが、窃盗であることには何の変わりもないので、それを気にすることはあり得ないな(-_- )ウンウン

主人公一行は軍人でも警察官でもないので、僕は倫理観については意識していない。

| | コメント (0)

【ドラクエ】トラップモンスター(-_- )ウンウン

フィールドや家の中にあるアイテムは、通常は宝箱、壺、樽、引き出し、タンスの中に入っている。

その中でトラップとして宝箱を模した「ひとくいばこ」「ミミック」といったモンスター、壺を模した「あくまのつぼ」「ツボック」といったモンスターがあり、主人公一行が宝箱等を開けるのを待って襲いかかろうとしている。

まぁ、人様の家に断りもなくズカズカと入り込み、タンスや引き出しを勝手に開けてアイテムを得ようとする行為は正に窃盗行為である。

それを考えるとトラップモンスターが存在するのは別におかしくはない。もしかすると、ドラクエの世界では犯罪行為に当たらないのかもしれない。

それ以外にも井戸にも「いどまじん」といったモンスターが存在するし、本棚には「あくまの書」といった書物のモンスターも存在する。

タンス、引き出しにはトラップモンスターは存在しない。
タンス、引き出しそのものがモンスター、又はタンス、引き出しの中にモンスターが潜んでいるというパターン。

キーファやマリベルの部屋にあるタンス、引き出しにモンスターが潜んでいたりすると洒落にもならないね(^_^;)

扉や階段のトラップモンスターがあればスリルがあって面白いと思う(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

【ドラクエ7】ルーメン地方(-_- )ウンウン

序盤は石版の世界へ行き、過去の封印された世界を解放していく。

復活した地方によっては、砂漠の王国みたいに主人公の功績を正確に残している地方があるけど、ルーメン、レブレサックみたいに正確に伝わっていない地方もある。

それは現実の世界でも同じだから何とも言えないところがあるけど、攻略して精神的に疲れたのがルーメン地方である。

元々ルーメン地方はヘルバオムという植物モンスターに悩まされていた。そこに闇のドラゴンが封印して魔物がルーメンの町を支配した。

そこに主人公一行が闇のドラゴンを倒して封印を解き、現代の復活したルーメンの町へ行くと廃墟と化していた。

そこで、過去のルーメンの町へ行くとヘルバオムの根っこが村人へ襲いかかっていた。闇のドラゴンの封印により死に絶えていたヘルバオムが封印が解けたことにより復活を遂げたわけである。

主人公一行がヘルバオムを倒して再度現代のルーメンの町へ行くと、またもや廃墟のまま。
また、過去のルーメンの町へ行き、チビィ関連のイベントがあり、そこでルーメンの町の行く末が決まるわけである。

結局三度も過去の世界へ行くことになるわけだけど、何ともくたびれたというのが実感である。「勇者チビィ」が脱力感に拍車をかけた(^_^;)

グリンフレークが廃墟と化したのは主人公の力の及ばない問題だから仕方がないという冷めた目で見ていた(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

【ドラクエ7】異世界への旅立ち(-_- )ウンウン

ドラクエ7でエンディングを迎えた後、石版集めは未だ続く。

魔王を倒してからグランエスタード城下町の井戸に石版があるので、それを取らないと魔王とのリバイバルマッチをしなければならない(^_^;)

その石版を集めたダンジョンが「謎の異世界の洞窟」である。
奥に進んでいくと「山肌の集落」が現れセーブでき、さらに進むと神様に会うことができる。

神様と闘って19ターン以内に勝利すれば景品がもらえる。その中には石版が3つあるのでさらなる世界に行くには最低でも3回19ターン以内に勝利しなければならない。

「さらなる異世界の洞窟」では精霊4人と一度に闘うことになる。勝利すれば神様の家に着き、神様に会うことができる。そこで神様に移民の町を紹介すると、神様は移民の町に住むことになる。

神様が移民の町に住むことになればドラクエ7の一連のストーリーは終了となる。
あとはすれちがい石版のダンジョンを楽しめばいいだろう(-_- )ウンウン

| | コメント (1)

【ドラクエ7】メモリアリーフとギュイオンヌ修道院(-_- )ウンウン

エスタード島は別として、通常の町や施設は石版の世界へ行って初めて知ることができ、問題を解決すると現代の世界でも復活しているというパターンである。

メモリアリーフとギュイオンヌ修道院については、現代の世界で訪れてから石版の世界で訪れるという他の町とはあべこべとなっている。

グリンフレークで問題を解決するとグリンフレーク地方の島が復活するけど、過去の世界では存在しなかったメモリアリーフとギュイオンヌ修道院があり、グリンフレークは廃墟と化していた。

余りにも唐突な展開でびっくりしたけど、リードルート地方の問題を解決してバロックの橋を渡ると30年後のグリンフレークがあり、東方にはメモリアリーフとギュイオンヌ修道院がある。そこで、メモリアリーフができた理由と、グリンフレークが衰退した理由が判明するわけである(-_- )ウンウン

そこでわからないのがギュイオンヌ修道院の存在である。
石版でグリンフレーク地方へ行った際には、グリンフレークの町にぺぺがいたのでメモリアリーフは当然存在しない。その時代には修道院も存在しない。

修道院はいつごろできたのか。
メモリアリーフができてからなのか、それともメモリアリーフが無かったときにできたのか。メモリアリーフでペペの話を聞くと、誰もいないところでひっそりと過ごすつもりが、ハーブ事業が成功して想いとは裏腹に大きな町が出来てしまったという。とすると、修道院がその後出来たような気もする(-_- )シミジミ

メモリアリーフとギュイオンヌ修道院は一蓮托生なのかもしれないね(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

ドラクエ4とドラクエ7(-_- )ウンウン

グリンフレークの町にある宿屋の地下には酒場がある。
ちなみにグリンフレークの町は衰退し、現在は廃墟と化している(-_- )ウンウン

酒場には舞台があり、2人の踊り子が踊っている。
この2人は姉妹で、稼いだお金は姉がカジノで使い果たしてしまうとか、妹の本業は占い師であるとか....。

これでピンときたのがドラクエ4のマーニャ、ミネアの姉妹である。
もし、この2人がマーニャ、ミネアだとするとドラクエ4の時代とドラクエ7のグリンフレークの時代とほぼ一致するということになるかも(-_- )ウンウン

ただ気になるのは茶髪で紫の衣装を着ている地味な方が姉で、金髪で赤い衣装を着ている方が妹であることだ。ミネアは姉に比べると地味くさいんだけどね(^_^;)

その30年後はリンダが踊り子として強制労働させられるわけだけど、これは別の話である。

| | コメント (0)

【ドラクエ7】愛する人へ(-_- )シミジミ

ドラクエ7は名曲が色々あるけど、なかなか聞くことができない名曲が「愛する人へ」だろう(-_- )シミジミ

一番印象的なのは、ユバール族の休息地でキーファが守り手として認められてこの地に留まることになり、主人公と別れるまでのシーンである。

PS版では過去の世界で魔王を倒して神を復活させた後、フィシュベルでヨハンがトゥーラを演奏するけど、その曲も「愛する人へ」である。3DS版では省かれたけどね(-_- )シミジミ

聞きたいときに聞くことができないというのは辛いところである。
とは言うものの、以前iTunes Storeで「交響曲ドラクエ7」を購入したから聞くことはできるけどね(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

【ドラクエ7】ストーリーが.....Vol.2(-_- )シミジミ

以前、ドラクエ7は重苦しいストーリーが多いと述べたことがあるが、肝腎なことを忘れたような気がする。

ドラクエシリーズでは主人公や仲間の肉親が殺されたりするという悲惨なエピソードがあったりするけど、ドラクエ7ではそのようなことはない。

主人公やマリベルの両親は健在だし、キーファの母親は亡くなっているけど魔物に殺されたわけではない。アイラにも重苦しい過去はない。メルビンとガボは生きていた時代が違うからなぁ(-_- )シミジミ

そもそも、主人公とキーファが遺跡に興味を示さなかったら、エスタード島だけの世界で平和に人生を過ごしていたかもしれない。

主人公や仲間が不幸に陥っていない分、ドラクエ7はマシかなぁと思ってしまう(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧