特撮

50周年というと....(-_- )シミジミ

前回は今年がウルトラマン50周年という話を投稿した。

サイボーグ009は一昨年が50周年で、石ノ森章太郎没後、氏の長男及び石ノ森プロが遺志を引き継ぎ完結を迎えることができた。

あと少しで50周年を迎える漫画・アニメだと僕が思いつくのは次のとおり。ウルトラマン・仮面ライダー等のシリーズは割愛する。

2019年 ドラえもん
2021年 仮面ライダー
2022年 科学忍者隊ガッチャマン
2025年 秘密戦隊ゴレンジャー、タイムボカン

トリプルファイターとかミラーマンとか円谷特撮もあるけど、若い人にはマニアックすぎるからパス(^_^;)

はろーきてぃは2024年で50周年。リカちゃんは2017年だと思った(-_- )ウンウン

過ぎてしまえばあっという間なんだけど、50年は長いものである。

| | コメント (0)

ウルトラマン50周年(-_- )ウンウン

今年は笑点50周年だったんだけど、よく考えてみるとウルトラマンも今年で50周年である。

ウルトラQとかウルトラマンの放映が始まったのが1966年。僕は未だ物心がついていないため、再放送の記憶でしかない。それを言ったらウルトラセブンも同じだけどね。

僕にとってのウルトラマンは「帰ってきたウルトラマン」である。郷秀樹は他のウルトラシリーズと異なり変身アイテムが無く、我が身に危機が来ないと変身できない。後半では自分の意思で変身できるようになったけどね。

僕にとってはアイテムを使って変身する方が違和感を覚えるのである。一番強烈に覚えているのはウルトラセブンのウルトラアイだね(-_- )シミジミ

ウルトラマンの場合は基本的に悪の秘密結社が無く、何の前触れも無く怪獣が現れて地球防衛軍とウルトラマンが怪獣をやっつけるというパターンである。

小学生時代はややこしいストーリーよりも、人間の町を破壊しまくる怪獣をウルトラマンがやっつけるのが簡潔で面白いと思った(-_- )ウンウン

今年で半世紀経ったけど、次の半世紀でウルトラマンがどのように変化していくか気になるところである。

| | コメント (0)

【仮面ライダー】 メンテナンス Vol.2(-_- )ウンウン

仮面ライダー・本郷猛は悪の秘密結社ショッカーによって改造され、脳改造を施される前に脱走したので、メンテナンスはショッカーの施設を利用することが出来ない。

最近になってメンテナンスはどのようにやっているのかと疑問を生じた次第。仮面ライダーは何度か再放送されたけどメンテナンスについては記憶に残っていない。

最近、仮面ライダーのコンビニ版が販売されているので読んでみたら謎は解消された。本郷家の執事である立花藤兵衛は同家の財産を管理していたけど、猛の願いにより巨大研究所を設立してサポートしたという。

原作では本郷猛は13人の仮面ライダーのエピソードで命を落とすわけだが、脳改造の呪縛から解き放たれた一文字隼人が引き継ぐことになる。同研究所を管理していた立花藤兵衛は一文字を引き続き支援していく。

余談だが本郷は前身メカニズムで脳だけ生身という状態で復活するけどね(-_- )ウンウン

原作は読んだことがあったけど記憶が薄れていったんだよね(^_^;)

| | コメント (0)

【仮面ライダー】 メンテナンス(-_- )ウンウン

僕の小学生時代はウルトラマンと仮面ライダー等の特撮三昧だった。

アニメ・特撮のヒーローたちは毎週、悪の秘密結社と戦い続け世界の平和を守ってきてきた。そこで気になったのがメンテナンスである。

戦い続けるには機器のメンテナンスが必要である。ウルトラヒーローだと自身の体調管理に努めれば特段問題ないように思われる。サイボーグ009らサイボーグ戦士のメンテナンスはギルモア博士が担っている。

仮面ライダーの場合は悪の秘密結社により改造されたけど脳改造の前に脱走したりするパターンがある。その場合だとメンテナンスはどのように行われるか気になるのである。

一人で戦うのはいいけど、身体のメカニズムのメンテナンスは一人では不可能ではないかと思われる。改造されたメカニック担当、肉体部分の医療担当といったスタッフがいないと悪の秘密結社と戦い続けるのは困難だろう(-_- )シミジミ

ギルモア博士の場合も現実的には8人のサイボーグを独りだけでメンテナンスするのは困難だと思われるし、サイボーグ戦士がメカニックとか医療に詳しいとは考えにくいから何らかのスタッフがいるのではと思う。

柳田氏らの空想科学では科学そのものや法律を扱った本は出ていたけど、サイボーグの維持に関する施設や予算について述べた本は見かけていない。僕だけが知らないかもしれない(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

【仮面ライダー】バイク運転中での変身(-_- )ウンウン

特撮の仮面ライダーがブレイクしたのは一文字隼人の変身からだと思う。

初期の仮面ライダーでは本郷猛がバイクに乗ってそのまま仮面ライダーに変身するパターン。主役が一文字隼人から本郷猛に戻った時は、変身ポーズを取っていたけどね(-_- )ウンウン

ふと思ったんだけど、一文字隼人の変身はバイクを運転中に行っている場合が結構ある。仮面ライダーのエネルギー源は風なので、バイクを運転中は風圧を身体に受けるので変身するには丁度良いという思想なのだろう。

でもバイクを運転中に変身するのは無理があると思う。走行中のバイク上でポーズを取るのは転倒の虞がある。バイクに乗った状態で身体のみ上空へジャンプするのは無理がある。一文字隼人がジャンプ中はバイクはそのまま前進しているので、変身後バイクに戻れるとは考えにくい。

僕の記憶によるとバイク上で変身ポーズを取っていたのは一文字隼人のみである。本郷猛の変身ポーズは真っ正面に立っていないのでバイク上では無理があると思う。

Xのセタップや、アマゾン、ストロンガーの変身はジャンプしないね(-_- )ウンウン

スカイライダー、スーパー1は見ていないし、社会人になってから見たのはブラック、ブラックRXくらい。平成仮面ライダーシリーズは殆ど見ていない。

| | コメント (0)

仮面ライダー VS スパイダーマン(-_- )ウンウン

タイトルから見ると石ノ森ヒーローである仮面ライダーと、アメリカンヒーローのスパイダーマンとの対決に見える。

仮面ライダーの特撮番組を見たり、または原作を読んでいたら分かるんだけど、本郷猛・仮面ライダーが最初に戦ったショッカーの怪人がクモ男である。スパイダーマンを直訳したらクモ男(-_- )ウンウン

仮面ライダーでは横文字をわざわざ日本語で表現している。例えばサイボーグを改造人間、怪人は○○男と表現している。素直にラッコマン、コアラマン、プードルマンと表現すればいいと思うけどね(^_^;)

ショッカーの怪人であるクモ男はクモのイメージをそのまま表現していてグロテスクな感じがある。これが善玉ヒーローだったらどのような表現になるのか興味がある。米国のスパイダーマンとは違った感じになると思う(-_- )ウンウン

仮面ライダーとスパイダーマンのコラボはイメージできない。どうしても東映版スパイダーマンを思い出してしまう。東映版スパイダーマンは孤独に戦うヒーローだから他のヒーローが入る余地はないと思う。

| | コメント (0)

【東北自動車道】ウルトラヒーローの像(-_- )ウンウン

東北自動車道の安達太良SAの自販機コーナーにウルトラヒーローの像がある。

円谷英二の出身地は須賀川市だけど、福島県内で須賀川に近いSAが安達太良SAだから設置されているのだろう(-_- )ウンウン

上りはウルトラセブン、下りはウルトラマンティガの像が設置されている。像近辺にある自販機を利用すると効果音が流れるというサービス付きだ。

特に土日はウルトラヒーローの像を撮影する人が結構いる。ウルトラヒーローは国民的ヒーローなので、撮影する人々は老若男女を問わない。男の子連れの家族が特に多いというわけではないからね(-_- )ウンウン

ウルトラマンを初めとする多くのウルトラヒーローにおかれましては、原発事故で苦しんでいる福島を救済して頂けたら幸いです、と言うか既に救って下さっているね(^_^;)

| | コメント (0)

M87光線(-_- )ウンウン

M87光線とはウルトラ六兄弟の長兄・ゾフィーの必殺光線技である。

その威力はウルトラ六兄弟最強の威力を誇る。ただ、ゾフィーはウルトラシリーズのゲスト的存在であり、あくまでもサポートする立場である事が多いので、必殺技の記憶は殆どない。

気になったのは「M87光線」そのものの名称である。てっきり、M78星雲に関連するものかと思っていたけど、「光の国公認宇宙記録の87万度を達成した奇跡の熱線」と言う意味らしい。Mは奇跡すなわちミラクル(Miracle)のことである(-_- )ウンウン

僕の記憶にはウルトラシリーズの小冊子に、ゾフィーの必殺技はM87光線と書いてある事しか残っていない。ただ、ウルトラシリーズの切り札的存在だと感じていた。

ゾフィー自身、地球人の姿となって地球に滞在していたわけではない。ウルトラマンタロウでZAT隊員の一人に魂を宿した事はあった(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

【ウルトラセブン】エメリウム光線(-_- )ウンウン

ウルトラセブンの光線技として有名なのがエメリウム光線である。

エメリウム光線はセブンの額にあるビームランプから発射される。特記すべき事は光線と発射ポーズがいくつかあるということである。ウルトラマンのスペシウム光線は必ず腕を十字に組んで垂直方向の手刀から発射される。

昭和40年代後半の小学○年生付録にあるウルトラマン関連の小冊子には、エメリウム光線の発射する方法として、左手を胸あたりで水平方向にする「水平打ち」、片手をチョキの人差し指と中指をくっつけた形で額に当てる「片手打ち」、両手をチョキの人差し指と中指をくっつけた形で額に当てる「両手打ち」がある。

水平打ちは細い緑色の光線、両手打ちは太めの白色の光線のイメージだった。

5分番組の「ウルトラファイト」では、セブンは水平打ちによるエメリウム光線で怪獣にとどめを刺していたと記憶している(-_- )ウンウン

Wikiで調べてみると両手打ちが反磁力線のAタイプ、水平打ちが熱線のBタイプとなっている。

ある説だと打ち方7種類くらいあるらしい。再放送は何度か見ていたけど、当時は小学生だったからそこまでは意識して見ていなかった。

ウルトラセブンの必殺技で他のウルトラヒーローと一線を画したのがアイスラッガー。小学生時代はアイスラッガーに目を奪われていたと思う(^_^;)

2年後はウルトラマン、3年後はウルトラセブンの生誕50周年に当たるので再放送等のイベントがあると思われるので、その時にじっくりと見てみたいと思っている(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

【とびだせ】瞳の色(-_- )ウンウン

カットリーヌさんが経営する、ビューティーサロン・スピーディーは、ヘアカット以外にも特殊メイクと瞳の色を変更する事が可能である。

今回は瞳の色について述べたい(-_- )ウンウン

デフォルトは黒だけど、茶・緑・青1・青2・青3の5種類に変更できる。当然、元の黒にも戻すことも可能である。

瞳の色を変えると言ってもカラーコンタクトを使用する話である。以前、ジュリーが「恋のバッド・チューニング」を歌っていたけど、その時にカラーコンタクトを使用していたので度肝を抜かされたことを覚えている(-_- )ウンウン

そこで物足りなさを感じたんだけど、赤い瞳に変更する事が出来ないのである。特撮だとモロボシ・ダンや、おおとりゲンの瞳が赤く光るシーンがあったし、漫画だとバビル2世が超能力を使う時は瞳が赤くなったりする。

僕としては地獄少女・閻魔あいを再現してみたかったのである。黒髪のぱっつんロングに赤い瞳、それとセーラー服を着せると地獄少女の出来上がり。よく考えてみると冬服モードのセーラー服は無かったなぁ(-_- )シミジミ

黒髪のぱっつんロングに赤い瞳でもう1人思い出すのが、ゆるゆりの松本りせだね。

最近だと、ミス・モノクロームのアニメで登場するマナも赤い瞳だ。明るい茶髪に赤い瞳で再現できる。

赤い瞳も再現できるよう任天堂に要望を出したいね(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

より以前の記事一覧