Apple Watch

【アクティビティ】ワークアウトの経路(-_- )ウンウン

ワークアウトを始める場合にはApple Watchで操作するけど、結果についてはiPhoneのアクティビティというアプリで確認する。ワークアウト実施中は、アクティビティには表示されない。

ワークアウトの結果として、消費カロリー(アクティブカロリー、トータルカロリー)、距離、合計時間、心拍数等が表示される。

あと、屋外でのウォーキング、ランニング、サイクリングとスイミングには経路が表示される。そこで気になったのが経路である。

ワークアウト中は1㎞進むごとにアラートが出てきてラップタイムも表示される。ラップタイムについてはアクティビティで確認できる。

僕が思うに、スタートから1㎞毎の位置を地図に表示できたら便利かなぁと思う。例えばスタートから3㎞地点はどの辺りとか(-_- )ウンウン

そこら辺は表示設定次第で見えたり見えないようにしたりとか、特定の距離だけ表示できるようにすれば有り難いと思う。

こういうのは直接Appleに要望を出した方がいいかもね(^_^;)

| | コメント (0)

10月からはApple WatchでTouch&Go(-_- )ウンウン

Apple WatchにSuicaを読み込ませて色々使ってみた。

例えば、電車に限らず新幹線に乗ったり、仙台市営の地下鉄、バスを利用したり。使ってみてかなり便利であることを実感した(-_- )シミジミ

定期券については10月初日あたりだったので期限切れまでSuicaを使い期限が切れる時点で、Apple Watchにすることにした。購入はiPhoneからSuicaアプリで定期券購入をすればよい。

実際にApple Watchで改札を通過したことはあるけど、通勤に使うと思うとワクワクしてしまうものである(^_^;)

| | コメント (0)

起床時のアクティビティ(-_- )ウンウン

Apple Watchを入手してから自分の健康に強く意識を持った(-_- )ウンウン

その中でアクティビティというアプリで身体をもっと動かそうという意識を持つようになったんだけど、興味深いことがあったので報告したい(-_- )ウンウン

朝起きてすぐにApple Watchを装着して、2階の自室から1階の居間へ行くとエクササイズか1分カウントされる。これは早歩き以上の動作をした場合にカウントされるので自宅に居たままだと通常はカウントされることはない。

話に聞いたんだけど、朝起きると身体を起動させるために心拍数とか血圧が上がりがちになるらしい。そのため、朝起きたときにApple Watchを装着した場合にエクササイズがカウントされると思われる。

寒くなってくると特に身体を起動できるように心拍数、血圧が急激に上がりがちになるので健康管理には気をつける必要があると感じた(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

iOS 11、watchOS 4へのアップグレード(-_- )ウンウン

本日、待ちに待ったiOS 11及びwatchOS 4のリリースである。

日付が変わったからすぐと言うわけではなく、朝6時半に起きて確認したところアップグレード出来るようになっていた。

今日は日勤で7時半前には家を出なければならないので、iPod touchでやってみた。ダウンロードとインストールを合わせて15分程度で終了した。インストール終了後、AppleIDのパスワード入力が求められるので、インストール前にAppleIDのパスワードを確認することをお勧めする(-_- )ウンウン

あと、iOS 11にアップグレード後、Numbers、Keynote、Pagesの三つのビジネス用アプリのアップデートがある。

仕事から帰ってきてから、iPhone、iPadとApple Watchのアップグレードを行った。iPhoneをiOS 11にアップグレードしないと、watchOS 4のアップグレードはできない(-_- )ウンウン

いつもの事ながら、Apple Watchのアップグレードは時間がかかる。iPhoneからApple WatchへwatchOS 4のデータを転送し、それからインストールが始まる。そのいずれも時間がかかる。少なくとも1時間以上の時間は必要である(-_- )シミジミ

iOS 11になってパスワード入力画面が変わっている。インターフェースも変わっているが、やはりiPadが大きく変わっていると思う。

「iCloud Drive」というアプリが「ファイル」というアプリに変わっている。「iTunes Store」と「App Store」のアイコンも変わっている。

watchOS 4は余り確認していなかったんだけど、パスワード入力画面でボタンが大きくなって押しやすくなったと思う。使っていけば違いが分かると思う。

来週はmacOS High Sierraのリリースである。これも待ち遠しい(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

【iOS, watchOS】いよいよ明日(-_- )シミジミ

明日はいよいよiOSとwatchOSのアップグレード版がリリースされる。

すなわち、iOS 11とwatchOS 4がリリースとなるけど、明日は日勤なので実際にアップグレードをするのは仕事から帰ってからとなるだろう(-_- )ウンウン

朝起きたらiPod touchでやってみて、仕事から帰ってきてからiPhone、iPadをやって最後はApple Watchをやるというパターンだと思う。

リリース初日はおそらくアクセス数が多くなるので、慌ててやる必要はないと思う。

まぁ、明日が楽しみだね(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

Apple Watch SERIES 3(-_- )ウンウン

9月13日に新たなるiPhone、Apple WatchとApple TVが発表された。

その中で心を動かされたのがApple Watch SERIES 3である。Apple WatchはiPhoneとペアリングして使うためiPhoneへの依存度が高い。なのでApple Watch単独では使える機能に制限がかかってしまう。

例えばメッセージ、メールの確認が出来ないとか、電話をかけたり受けることも出来ない(-_- )ウンウン

SERIES 3ではiPhoneへの依存度が低くなる。すなわち単独でもメッセージ、メール、電話も使うことが出来るようになる。これはcellularタイプで可能であることは言うまでもない。

cellularタイプのApple Watchを使うためには通信事業者と契約する必要がある。iPhoneとペアリングして使うことには変わりないから、iPhoneで契約している通信事業者とApple Watchの契約をすることになる。通信料がめちゃくちゃ高くなることは考えにくいと思われる(-_- )ウンウン

腕時計の類いなら複数持っても支障はないだろう。iPhoneは複数のApple Watchとペアリングすることができ、使うWatchを選択すればよい。

買い替えたいAppleのデバイスは、優先順位としてiPad、MacBook AirであるがApple Watchも加わってしまった。MacBook Airは特に問題がないので後回ししても大丈夫である。財布と相談して何時購入するか考えておきたい。

先ずは現用機のiOSとWatchOSのアップグレードだね(-_- )ウンウン

| | コメント (0)

指紋認証とApple Watch(-_- )ウンウン

最近のスマートフォンやタブレットには指紋認証があり、自分の指紋をいくつか登録しておけばパスワード入力をしなくても済む。

これは画期的なセキュリティ対策かなぁと思いつつも、よく考えると却って危険な場合がある。持ち主が寝ているときに第三者が持ち主の指を勝手に使ってスマホの中身を見ることが可能になってしまう。

似たようなことがApple Watchにもあり得る。正確にはApple Watchと言うよりも、Macintoshだね。

Macの場合、同じApple IDで登録されているApple Watchでパスワード入力しなくとも自動的にロック解除できる。これはシステム環境設定の「セキュリティとプライバシー」で設定する必要がある。

これも同様にMacを使っているユーザーがApple Watchを装着した状態で寝てしまうと、第三者が簡単にロック解除できてしまう。

これらは家族がいる場合には気をつけた方がいいだろう。特に電車の中でスマホ、タブレットを操作中に寝てしまうと第三者に勝手に使われてしまう虞があることを留意する必要がある。

スマホ、タブレットに虹彩認証が出てくれば虹彩認証と指紋認証を併用したりしてセキュリティ対策が強固になると思われる。Macにも虹彩認証があれば、Apple Watchと併用してセキュリティ強化に繋がるだろう。

セキュリティ対策はいたちごっこある(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

macOSとiOS等のアップデート(-_- )ウンウン

ふとiPhoneの「Suica」アプリにバッジがあったので、起動させてお知らせを確認したところ、Apple Watchに関する不具合が解消されたとのこと。WatchOS 3.2.3にアップデートすると良いらしい。

そこで「Watch」アプリでアップデートを確認、macOSとiOSのアップデートを確認したところ、アップデートの対象となっていたので、Appleのデバイス全てアップデートすることにした。但し、TVOSについては自動的にアップデートするようにApple TVを設定しているので大丈夫だろう(-_- )ウンウン

バージョンは次のようになる。
macOS 10.12.5 → 10.12.6
iOS 10.3.2 →10.3.3
WatchOS 3.2.2 → 3.2.3

OSのアップデートはセキュリティ向上にも繋がるので、気付いたら遅滞なく行うことが肝要である(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

Apple Watch(-_- )ウンウン

先月、Apple Watchを購入した。

先日、アップルストアのワークショップで使い方とか教わったけど、まだまだ使いこなせていないというのが現状である(^_^;)

1ヶ月ほど使ってみて便利なのは、Apple Watchを装着した状態でロックしたMacに近づけば自動的に解除することである。通常だとパスワードを入力する必要があるだけにかなり重宝する(-_- )シミジミ

アクティビティも自分の健康管理には役に立っている。これによりなるべく身体を動かすように心がけるようになった。

Apple Payだと、SuicaをApple Watchに入れれば改札も手軽にできる。これはテスト的運用だけど、定期券を入れておけばかなり手軽だと思う。定期は10月上旬までなので、それ以降にApple Payに導入するつもり(-_- )ウンウン

ちなみに文字盤はアナログにしている。やっぱり針の方が飽きない(-_- )シミジミ

| | コメント (0)

Hey Siri!(-_- )ウンウン

このブログでもSiriについての投稿があるけど、SiriとはiOS標準装備の機能であり、言葉でiOSやアプリを操作することができる優れものである。

アップルストアに行くと店員がSiriを扱っている姿をかなり見かける(-_- )ウンウン

iOSに限らず、macOS SierraでもSiriが使えるようになった。

その中で「Hey Siri」が便利だったりする。Siriを操作するにはホームボタンを長押しする必要があるが、iOSのデバイスに「Hey Siri」と声をかけるとSiriが起動して、そのままオーダーすれば良い。

Hey Siriを操作するにはデバイスに電源アダプターを接続していることが条件となる。ただし、iPhone 7やiPhone 7 Plusの場合は電源アダプターを接続しなくても操作できる。

あと、あらかじめ音声登録する必要がある。持ち主以外の人に使われたら大変だからね(^_^;)

そこで気になったんだけど、macOS SierraにはHey Siriの機能はない。これは有った方が便利だと思うんだけど、macOSでは未だ開発途上なのか、それとも意図的に外しているのかは謎である(-_- )シミジミ

僕個人としては使いこなせてはおらず、今のところ天気やプロ野球の結果を聞いたりしている。いちいちブラウザで調べるよりは楽だからね(^_^;)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧